こだわり

できるだけ自然に近い農業をやっていこうと考えています。

一人作業なので機械化はどうしても必要ですが、作物の育つ環境は自然界に存在するものだけ。農薬、化学肥料の不使用はもちろんですが、肥料そのものをあまり与えない、与えても自然界のものということを貫きたいと思っています。それが長い歴史を経て進化を重ねてきた作物にとって最も自然なことだからです。作物の遺伝子にはそんな環境で育つことが予定されていると考えるからです。

現在使用しているのは、米ぬか、油かす、焼酎、食酢、唐辛子のみで、あとは雑草堆肥、雑草・雑木を燃やした草木灰です。