別れ

11月5日に初霜が降り、それ以来何度か霜が降りました。

夏に成長した野菜のこぼれ種や収穫漏れの種で育った大豆、じゃがいも、きゅうりは枯れました。まだまだと頑張っていた唐辛子、モロヘイヤ、とうもろこし、オクラ、かぼちゃも枯れました。

それまで実ったじゃがいも、唐辛子、かぼちゃの実はありがたく収穫しました。

DSC_1326
初霜
DSC_1345
奥に枯れたじゃがいもの葉、手前は収穫した小さなじゃがいも

 

 

 

 

 

 

 

 

意外に強いのがひまわり。傷つきながらも寒さに耐えています。

DSC_1356
ひまわり

ひよこ豆の播種

昨年試しに春蒔きしたひよこ豆。梅雨の時期に花をつけたのですが、結実する前に弱ってしまいました(腐ったような感じではなく、元気がなくなってしおれていった感じです)。したがって秋植えに挑戦です。

おそらく絹さやと同じように、適切な大きさになれば冬も越せるということだと推理し、絹さやと同じ日に蒔いたものです。どうなりますか?

高さ15センチの畝に、40センチ間隔で、2粒蒔きました。深さは1〜2センチです。

DSC_1308
ひよこ豆

絹さやとスナックえんどう豆の播種

えんどう豆は大きくなっても、あまり小さくても冬の寒さを乗り切ることができないそうで、我が家ではこの時期に種を蒔きます。年内に本葉4枚が目標です。

高さ10センチ程度の畝を立て、そこに株間40センチ程度、深さ1〜2センチ程度に3粒の種を蒔きました。絹さやもスナックエンドウも育て方は、同じです。

DSC_1304
絹さやエンドウ
DSC_1307
スナップエンドウ
DSC_1305
作業様子