玉ねぎの定植

11月11日玉ねぎを定植。

市販の苗は草丈20〜30センチ、根の長さは5センチ、根の直径は0.5センチ。それに比べれて私が種から育てた玉ねぎはその半分。「ワラワラ」という品種に至っては、またその半分。播種した時期が約1ヶ月遅れが原因ではないかと思われる。

こんな状態で今後育つかも心配だったので、市販の苗も購入。

条間、株間ともに20センチ、市販の苗は100株、ワラワラ44株、通常の玉ねぎ苗84株を定植した。

しばらく降雨がない見込みだったので、定植後液肥を蒔いた。

市販の玉ねぎ苗
市販の玉ねぎ苗
作業の様子
作業の様子

 

 

苗床の苗にも土寄せ

苗床で芽を出しているネギ、玉ねぎ、キャベツ、白菜、レタスにも土寄せしました。

こっちはまだ小さい苗なので、油かすと米ぬかの合わせ調味料を畝の間に薄く撒き、その上から手鍬で、畝の間をちょっと掘り返しただけです。とても土寄せと呼べるものではありませんが、長雨で固くしまった土の中に酸素を供給しました。

DSC_1172
こっちはネギ、玉ねぎ
DSC_1173
キャベツ、白菜、レタス