キャベツと白菜、レタスの定植

まだ早いかとは思ったが、このところ寒いし、早く根張りをさせたほうが良いかと思って、定植に踏み切りました。

キャベツは株間40センチ、レタスと混植。白菜は株間50センチ、やはりレタスと混植です。アブラナ科のキャベツと白菜は害虫がつきやすいので、レタスにバンカープランツの役割を担ってもらう魂胆です。

DSC_1190
白菜とレタス
DSC_1189
キャベツとレタス

苗床の苗にも土寄せ

苗床で芽を出しているネギ、玉ねぎ、キャベツ、白菜、レタスにも土寄せしました。

こっちはまだ小さい苗なので、油かすと米ぬかの合わせ調味料を畝の間に薄く撒き、その上から手鍬で、畝の間をちょっと掘り返しただけです。とても土寄せと呼べるものではありませんが、長雨で固くしまった土の中に酸素を供給しました。

DSC_1172
こっちはネギ、玉ねぎ
DSC_1173
キャベツ、白菜、レタス

今日は一日中雨

本日の作業は中止です。このところ雨が降り続いており、1〜2日晴れたかと思うと、その後はその倍の日数も雨が振ります。雨のせいで作業が遅れ気味なのと、雨で種が流されたり、実も未成熟あるいは腐って熟さないなど、心配が絶えませんが、お天気には勝てません(´・ω・`)トホホ

昨日の作業を記録します。

昨日はほぼ一日曇っていたので播種日。事前に草木灰(自家製)を蒔いて、秋物野菜(春菊、小松菜、大根、ほうれん草、野沢菜、山形せいさいは直播き、白菜、レタス、キャベツは苗床に)播種しました。

DSC_1008
作業風景