玉ねぎの定植

11月11日玉ねぎを定植。

市販の苗は草丈20〜30センチ、根の長さは5センチ、根の直径は0.5センチ。それに比べれて私が種から育てた玉ねぎはその半分。「ワラワラ」という品種に至っては、またその半分。播種した時期が約1ヶ月遅れが原因ではないかと思われる。

こんな状態で今後育つかも心配だったので、市販の苗も購入。

条間、株間ともに20センチ、市販の苗は100株、ワラワラ44株、通常の玉ねぎ苗84株を定植した。

しばらく降雨がない見込みだったので、定植後液肥を蒔いた。

市販の玉ねぎ苗
市販の玉ねぎ苗
作業の様子
作業の様子

 

 

ほうれん草も出揃った

11月7日播種したほうれん草の第二弾。真冬の甘〜いほうれん草を目指して播種。

ハンドシーダーを初めて使用した。ほうれん草の種は5番かな?と思ったが、もう一弾小さめの穴が良いと思われた。

早いものは15日に発芽を確認していたが、今日までにほぼ出揃った。あとは無事育つのを祈るのみ。

ほうれん草
ほうれん草

 

成長は確実に

このところ天気が悪いせいか、最低気温も0度近くなることはなく、比較的過ごしやすい。

大根はいよいよその首が見えてきました。まだまだスマートで直径3〜4センチではあるが、確実に成長してきています。

大根の姿が見えた
ちょっと見えてきた大根

この雨は恵み?

今日は朝から雨が降りだして既に7ミリ。夕方には曇りなる予報です。

11月は殊の外雨が少なく、この雨も野菜にとっては恵みの雨のような気がします。また明日は晴れる予報なので、なおさらです。

fireshot-capture-23-%e7%a7%81%e7%9a%84%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%8f%b0-https___my-netatmo-com_app_station

今朝もびっしり霜

仙台では初氷が観測されたと報道されていたが、こちらはまだ。霜びっしりの状態。

最低気温は0.9度(・・;)クローバーもしっかり霜に覆われて寒そう。でも太陽が眩しいくらいに輝いており、快晴。だから清々しい。

DSC_1363
寒そうなクローバー
DSC_1362
快晴の宮城蔵王

 

別れ

11月5日に初霜が降り、それ以来何度か霜が降りました。

夏に成長した野菜のこぼれ種や収穫漏れの種で育った大豆、じゃがいも、きゅうりは枯れました。まだまだと頑張っていた唐辛子、モロヘイヤ、とうもろこし、オクラ、かぼちゃも枯れました。

それまで実ったじゃがいも、唐辛子、かぼちゃの実はありがたく収穫しました。

DSC_1326
初霜
DSC_1345
奥に枯れたじゃがいもの葉、手前は収穫した小さなじゃがいも

 

 

 

 

 

 

 

 

意外に強いのがひまわり。傷つきながらも寒さに耐えています。

DSC_1356
ひまわり