ひよこ豆の播種

昨年試しに春蒔きしたひよこ豆。梅雨の時期に花をつけたのですが、結実する前に弱ってしまいました(腐ったような感じではなく、元気がなくなってしおれていった感じです)。したがって秋植えに挑戦です。

おそらく絹さやと同じように、適切な大きさになれば冬も越せるということだと推理し、絹さやと同じ日に蒔いたものです。どうなりますか?

高さ15センチの畝に、40センチ間隔で、2粒蒔きました。深さは1〜2センチです。

DSC_1308
ひよこ豆

絹さやとスナックえんどう豆の播種

えんどう豆は大きくなっても、あまり小さくても冬の寒さを乗り切ることができないそうで、我が家ではこの時期に種を蒔きます。年内に本葉4枚が目標です。

高さ10センチ程度の畝を立て、そこに株間40センチ程度、深さ1〜2センチ程度に3粒の種を蒔きました。絹さやもスナックエンドウも育て方は、同じです。

DSC_1304
絹さやエンドウ
DSC_1307
スナップエンドウ
DSC_1305
作業様子

第二弾ネギも出揃った

第一弾のネギ不足に備えて10月7日に播種した一本ネギは、ほぼど揃いました。

これから寒くなりますが、これから体力をつけて冬越しです。

 

DSC_1289
こんなに細身

 

 

 

 

 

 

 

 

これもすべてネギアブラムシのせいです。農薬を意地でも使わないようにどうするか?散々調べたが効果的ではなさそう。仕方なく、ネギの葉の分をすべてカット、葉はアブラムシごと焼却、根の分を別の場所に植え替えて様子を見ていたが、無事根を張ったようなので、少し追肥、土寄せを行った(2枚目の写真の白い分がカット部分、そこから新しい葉が出てきました)。

DSC_1246
新しく葉を伸ばしたネギ
DSC_1088
びっしりネギアブラムシ

もうメチャメチャだよ!

秋の実りを前に、とうもろこしがメチャメチャに食い荒らされて、もう残りはありません。犯人は、イタチ(たぬき)です。昨日は、コスモス畑の日当たりの良い所でひなたぼっこをしていました。なんと憎いやつ!

DSC_1275
メチャメチャにされたとうもろこし
DSC_1271
ひなたぼっこするイタチ
DSC_1272
逃げていくイタチ

ニンニク(その後)

ニンニクは順調に育って、早いものは二葉になってきました。でも、まだ発芽していないものが約30株ほどあります。このところ好天気が続き水分が不足しているのかもしれません。潅水を兼ねて液肥を散布しました。この液肥は、家庭から出た食物に米糠を合わせて作ったものです。

DSC_1279
二葉になったニンニク

キャベツと白菜、レタスの定植

まだ早いかとは思ったが、このところ寒いし、早く根張りをさせたほうが良いかと思って、定植に踏み切りました。

キャベツは株間40センチ、レタスと混植。白菜は株間50センチ、やはりレタスと混植です。アブラナ科のキャベツと白菜は害虫がつきやすいので、レタスにバンカープランツの役割を担ってもらう魂胆です。

DSC_1190
白菜とレタス
DSC_1189
キャベツとレタス

ゴボウの追加播種

美肌ゴボウの発芽があまり芳しくありません。60株を目標に種を蒔いたのですが、現在28株しか確認できません。その確率半分以下。長雨で土が締まって芽出しに悪い影響を与えているように感じます。追加播種するか迷いましたが、迷っている時間はありません。気温がだんだん低くなって発芽温度に達しないかもしれないのです。

天気予報では、明日はまとまった雨が期待できるというので、昨夜から一昼夜種を水に浸し、思い切って種を撒きました。今度は美肌ゴボウではなく、ごくごく普通のゴボウ。

でも今になって、天気予報が変わって、明日はあまり雨が期待できないようです。さて、どうしたもんじゃろうのう????

DSC_1175
栽培適期は9月中
DSC_1174
一昼夜水に浸した種