苗床の苗にも土寄せ

苗床で芽を出しているネギ、玉ねぎ、キャベツ、白菜、レタスにも土寄せしました。

こっちはまだ小さい苗なので、油かすと米ぬかの合わせ調味料を畝の間に薄く撒き、その上から手鍬で、畝の間をちょっと掘り返しただけです。とても土寄せと呼べるものではありませんが、長雨で固くしまった土の中に酸素を供給しました。

DSC_1172
こっちはネギ、玉ねぎ
DSC_1173
キャベツ、白菜、レタス

大根の土寄せ

大根の本葉が4〜5枚になってきたので、そろそろ土寄せを行いました。

三角ホーで荒く土寄せを行った(写真1)あと、手と移植ゴテで、土を砕き株元に土を寄せてやりました(写真2)。

DSC_1167
写真1
DSC_1168
写真2

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1169
全体的にはこんな感じ

同じ要領でネズミ大根も土寄せを行いました。

DSC_1171
ネズミ大根の土寄せ

 

 

 

カモシカとイノシシの仕業

このところ、獣害が多い。冬支度の時期に入るのは何も人間ばかりではなく、動物もっていうことだろう。現在のところ手のうちどころなし。

DSC_1162
こっちはイタチかな?
DSC_1091
カモシカに食われた大豆
DSC_1134
そこら中掘り返すイノシシ

今日はニンニクです

滋養効果の高いニンニク、それも福地ホワイト六片です。

6月21日に収穫したニンニクは、天日に干して乾燥させておきました。そろそろ植えどきですが、台風18号による本格的な雨が今晩降りそうなので、今日が植えどきと判断しました。

高畝で水はけを良くした植床に、20センチ間隔で5センチの深さで植えこんで、土をかぶせました。

 

DSC_0829
収穫したニンニク
DSC_1143
ニンニク植の作業

ゴマゾウの刈り入れ

5月20日に蒔いた「ゴマゾウ」。セサミンが多く含まれるんだって。

立派に育ち、刈り入れの時期になったので、この好天を利用して刈り取りとはざがけ(当地では「はせがけ」と読んでいます。)をしました。

すでにさやが開いているものもあって、適期刈り取りって難しいですね(・・;)長雨で手が出せなかったんだって言い訳しても始まらないのでしたジャンジャン!

DSC_0745
ごまぞう
DSC_1129
はざがけ

ビートとチャードを播種しました

昨日は夕方に雨が上がったが、時折霧雨になる落ち着かない状態が続いた。本日は朝方0.2ミリの雨が降ったのみで、まずまずの天気です。しかし畑はたっぷり水を含んでいる状態です。

実は天気予報は、昨日は曇りで、本日も曇りということでしたので、ビートとチャードの種子を一昨日の17日(土)の午後から一昼夜水に浸し、昨日午後の播種を予定していたのですが、予定が崩れました。しかし、畑が乾くのを待っていたのでは発芽するかもしれません。

そこで、最悪のコンディションですが、播種を強行しました。うまく発芽してくれるよう祈るばかりです。

DSC_1031
たっぷり水を含んだビートの種子
DSC_1032
作業風景